▷ 規約・使用変更(関連情報)

「要注意」Yahoo!プロモーション広告掲載基準が変更 その③

2017/02/08

今回は、個人情報を掲載したくない場合に、
どのような対応方法があるのかご案内したいと思います。

注意すべき項目は2つでしたね。

○主体者の名称(主体者を特定できる会社名または氏名)

○主体者の住所および電話番号

まず、アフィリエイトサイトの運用で「特定商取引法に基づく表記」に

記載する場合の「主体者の名称」は、アカウント名と一致する必要があります。

つまり、Yahoo!プロモーション広告に登録しているアカウント名と同じであれば、
例えば、アカウント名を「苗字」や「屋号」にしている場合、

・・・・・・・・・
主体者の名称は、氏名でなくてもOKです。

既に本名でアカウント作成し、広告出稿している人もいると思います。

その場合は、既存のアカウント名を変更すれば問題ありません。

アカウント設定情報の変更方法↓

アカウント設定情報の変更



次に、主体者の住所および電話番号ですが、
Yahoo!プロモーション広告に色々質問しても
詳細な回答を得ることが出来ませんでした。

回答は、一貫してこの内容です↓

「住所、および電話番号については、ユーザーが問い合わせをした際に、
実際に対応いただけるものをサイトに記載ください。」

ということは、本人の住所でなくても問題ないと思われれます。

1つの案としてですが、「バーチャルオフィス」が考えられます。

※バーチャルオフィスとは、起業して事業を始めるにあたって
最低限必要な住所や電話番号、FAX番号などをレンタルすることができるサービスです。

ただし、お金がかかるので予算に合わせて検討下さい^^

ちなみに私は、住所、電話番号は、そのまま掲載していますが、
広告に関して、問い合わせを受けたことがありません。

また、私がコンサルを行っている人にも聞いてみましたが、
問い合わせが来たことはないようです。

不要なお金を払いたくない場合は、
個人の住所・電話番号でも良いと思いますよ。

★偽住所や嘘の電話番号を記載した場合の確認方法やペナルティに関しても、

Yahoo!プロモーション広告に質問したのですが、回答を得られませんでした。

「ユーザーが問い合わせをした際に対応いただけるもの」

このポイントを外さなければ、とりあえず問題ないと思われます。

実際の運用は、自己責任となりますが、
運用してみて指導があれば修正すれば良いのではないでしょうか^^

また、審査によって「掲載不可」または「掲載停止」になった場合に、
メールで通知を受けることが出来ます。

審査関連の通知をご希望の場合は、メールの配信設定を行って下さいね。

お知らせのメール配信設定・変更方法

お知らせのメール配信設定・変更方法



※他の人のメルマガやブログでも、今回の告掲載基準の変更について、

紹介しているものもありますが、間違った内容を伝えている情報発信者もいます。

屋号はNGとか、画像にすれば個人情報が伏せられるとかですね。

このメルマガに掲載している内容は、Yahoo!プロモーション広告に
確認を取ってご案内していますので、ご安心下さいね♪

    - ▷ 規約・使用変更(関連情報)
    -, , , , ,